最近のエントリー
カテゴリー
過去のエントリー
カレンダー
2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
ブログ内を検索


PROFILE
モバイル
OTHERS
アンドロ新製品ラバー!ヘキサーグリップ/パワーグリップ

アンドロから新製品ラバーが発売されます!

 

 

 

ここ数年でロゼナがヒットしてから正直テンション系の裏ソフトラバー

 

で話題になったラバーは少ない。

 

 

薄いトップシートと特厚スポンジで話題呼んだラザンターシリーズ

 

(テンゾーバイオスUM)だったが、弾みすぎて回転がかからない

 

といった声も多く、このラバーの特徴に当てはまる層が少なかった

 

ことで少し伸び悩んだ感があります・・・。

 

もちろんこれにハマった方も多く、逆にこのラバーでないとダメいう

 

くらい、好きか嫌いかに分かれたラバーとなっています。

 

 

その後、各メーカーともこの系のラバーが次々と発売されているが

 

評価はやはり値段が高いだけで予想通りヒット商品とはなりそうにない。

 

 

そんな中で今回アンドロから新製品ラバーとして「ヘキサーグリップ」と

 

「ヘキサーパワーグリップ」が間もなく発売されます!

 

 

最初アンドロのジョージ社長から連絡があったときは

 

「何?そのヘキサーとラザントが合体したようなラバーは!」と

 

見当はつかなかったが、説明を聞いて廃番になった

 

「ラザントパワーグリップ」と「ラザントグリップ」にかなり近い

 

ラバーだとわかりました!

 

当店でも人気のラバーだっただけにこれは賛成です。

 

 

そして次に驚いたのが価格でした!

 

「定価4500円!!」

 

当店の販売価格では3150円。税込みで3402円は超安い!

 

 

回転系の第1世代の次に発売され人気となったノンスリップラバー。

 

「ラザントグリップ」が廃番になって多くの方が悲しみましたが

 

その復刻版と言っていいこのシリーズがこの価格!

 

 

この価格で性能は確かなのか?

 

 

スタッフのはまちゃんが東京まで動画撮りに行っていたので、

 

試打した感想をお知らせします!

 

 

ラザントグリップ(廃番)&ヘキサーグリップとの比較

 

<はまちゃん>

 

以前発売していた「ラザントグリップ」とよく似ています。

 

トップシートは以前の「ラザントグリップ」より光沢があり、ボールを

 

つかみますね!全体的に打球感は柔らかくて、ドライブすると

 

ボールがよく伸びると思います。

 

ボールの弧線はラバーが柔らかいので直線的になりがちですが

 

このラバーは上にあがるような気がします。

 

どの層の方にも使いやすいラバーだと思います。インパクトが

 

強めの男子選手には柔らかすぎるかもしれませんので、

 

パワーグリップの方がいいと思います。

 

 

 

ラザントパワーグリップ(廃番)&ヘキサーパワーグリップとの比較

<はまちゃん>

 

以前の「ラザントパワーグリップ」と同じかと思いましたが、今回の方が

 

少し柔らかくなっており使いやすかったです。

 

トップシートの光沢も美しくて、ラバーを見る度に気持ちがいいです!

 

ボールの食いつきも更に良くなった感じがします。

 

スポンジ硬度が47.5°になり以前よりも使いやすいですが、

 

トップシートが硬いので、少しコントロールが難しく、台から離れて

 

打ちあったときにボールの飛距離が出にくかったです。

 

 

 

 

次にヘキサーグリップとヘキサーパワーグリップとの比較

 

①スピード  ヘキサーパワーグリップ<ヘキサーグリップ

 

②スピン  ヘキサーグリップ<ヘキサーパワーグリップ

 

③打球感  ヘキサーグリップ<ヘキサーパワーグリップ(硬い)

 

④ボールの軌道  ヘキサーグリップ<ヘキサーパワーグリップ(かなり弧線)

 

以上、はまちゃんの感想でした。

 

 

性能をみても「ラザントグリップ」と「ヘキサーパワーグリップ」では大部分は

 

同じですが、ABS素材のプラスチックボールでも高い性能を発揮できるように

 

トップシートの素材を一部変更しているようです。

 

そのため掴む感覚が増したと実感できるので、性能は落ちていないと

 

言えるでしょう!

 

粒形状は以前と同じ粒になっています。

 

 

「ラザントパワーグリップ」と「ヘキサーパワーグリップ」の違いはグリップと

 

同様にトップシートの素材を一部変更しているようです。

 

大きく違うのはスポンジ硬度で50°から47.5°に変更されています。

 

硬さは好みですが、一般的には47,5°が多く、最新のボールの

 

打球感がやや硬めなので、調整を取れたものにするためにこの

 

硬度を採用したようです。

 

 

以前はカットマンの方が50°を好んで使用していましたが、

 

以外の方は、少し使いやすくなる方向へ変更された感じですね。

 

粒形状は以前と同じでグリップよりは大きな粒になっています。

 

 

 

結論の前に、現在販売枚数が最も多いのはドイツ系の

 

テンションラバーなら回転系の第一世代と呼ばれている

 

「ファスタークシリーズ」「ヴェガシリーズ」「ラクザ7シリーズ」

 

「ヘキサーシリーズ」などのラバーですが、次の世代に

 

更に回転力を上げるためにトップシートを厚くしグリップ力を

 

向上させ相手の回転に対しても負けることなく掛け返すことが

 

できるラバーとしてこのノンスリップラバーが人気となりました。

 

 

そして遂にこの世代のラバーが3402円と超破格の値段に!

 

一度使ってみる価値はあると思います。

 

まさに後だしジャンケンですね(笑)

 

 

ほんと大ヒット商品になるかもしれません!

 

間もなく発売が開始されますが、お買い上げいただいた

 

方には、粘着保護フィルムをプレゼントいたします。

 

是非、ご検討ください!

 

詳しくはこちら

▲PAGE TOP