最近のエントリー
カテゴリー
過去のエントリー
カレンダー
2019年10月
« 9月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
ブログ内を検索


PROFILE
モバイル
OTHERS
アバロックス「ブルーサンダー」

今日はリバイバル情報としてアバロックス「ブルーサンダー」を

 

取り上げてみました!

 

 

ブルーサンダーは5枚合板の555と7枚合板の777があり

 

中国式ペンもあります!

 

 

 

 

 

これも懐かしいですラケットです。

 

ブルーサンダーが発売する前に、アバロックスのPシリーズが大人気で

 

20~30年前はトップ選手をはじめ、多くの方が愛用していました!

 

 

 

卓球歴が長い方はおそらく見たことがあるでしょう!

 

 

そして2001年!

 

蒼い稲妻日本上陸!というキャッチコピーで、このブルーサンダーが

 

発売されました!

 

 

ではこのアバロックスPシリーズとブルーサンダーは何が違うのか?

 

 

大きな違いはアバロックスのP500(5枚合板)は上板がコト材で、

 

ブルーサンダー555は、上板がリンバ材になっています。

 

 

打球感ですが、コト材は硬くて球離れが早くよく弾みます。

 

リンバ材も弾むのですが、粘りがあるというか回転が掛けやすい

 

感じがします。

 

一度店頭で打ち比べてみてください。

 

 

 

次にP700(7枚合板)ですが、実はP500は上板がコト材ですが

 

P700はリンバ材なんです。

 

そしてブルーサンダー777も上板がリンバ材です。

 

 

材質も上板からリンバ→スプルース→アユースの順で

 

同じなんですが、打球感も弾みも違います。

 

明らかにPシリーズの方が重量感があって弾みますね。

 

逆にブルーサンダーの方は打球感がソフトで安定性は

 

こちらですね。

 

 

この違いは何なのか?

 

 

厚みはややブルーサンダーの方が厚いことになっていますが

 

これは以前からP700は6.0mmで、ブルーサンダーは6.5mm

 

だったり6.3mmだったりと、実際に合わせてみると「あれ???」

 

みたいなことが多々ありましたからね(笑)

 

厚みの違いは微妙ですね。

 

 

見て明らかに違うな?と感じるところは板の硬さですね!

 

Pシリーズは赤みのかかった板で、ブルーサンダーは黄色っぽい

 

板なんですよね。

 

個人的な感想では、赤みのかかった方が硬くて弾みます。

 

 

このあたり専門でないのでよくわかりませんが、クリッパーの

 

ような白っぽいリンバや、他にも黒っぽいリンバなど色々

 

ありますので、同じラケットでも1本1本重量や弾みも違うのも、

 

このような要因の一つなんでしょうね。

 

 

少しは参考になったでしょうか?

 

ご来店際は、是非手にとって球打ちしてみてくださいね!

 

 

ちなみにどちらも中国式もありますので重量などチェックして

 

ください。

 

シェーク  中ペン

 

▲PAGE TOP