最近のエントリー
カテゴリー
過去のエントリー
カレンダー
2020年10月
« 9月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
ブログ内を検索


PROFILE
モバイル
OTHERS
アバロックス・シリーズ入荷!

一部在庫切れになっていました「アバロックス」

 

シリーズのラケットが入荷しました!

 

 

2,30年前は多くのトッププレーヤーが使用しており

 

その世代の方なら誰もが知っているラケットだと思います!

 

現在でもその人気は根強く、多くの方が愛用されています。

 

 

以前にこのブログでも紹介しましたが、このアバロックスは

 

P500、P700、P900と簡単に5枚、7枚、9枚合板と

 

同じ材質で板数が増えているわけではないんですよ!

 

 

実はP500は上板がコト材ですが、P700の上板は

 

リンバ材なんです。

 

表面の木の材質の違いが見てわかると思います。

 

打球感ですが、コト材は硬くて球離れが早くよく弾みます。

 

リンバ材も弾むのですが、粘りがあるというか回転が掛け

 

やすい感じがしますね。

 

 

 

 

そして3つ目のP900ですが、9枚合板だけに

 

おそらく重量感のある、かなりハードな打球感の

 

ラケットだとイメージする方が多いと思いますが、

 

球をついてみるとかなり球を吸収する感じで、

 

P700(7枚合板)の方が弾むんですよ!

 

 

P700はカーンカーンと硬く乾燥したような打球音

 

ですが、P900は低音でコツコツと手に響く感じです。

 

それは9枚合板の方は板を薄く貼り合わせているので

 

9枚でもP700の6.3mmより逆に0.5mm薄くなって

 

います。

 

そのため重量も90〜93gと思った以上に軽量です。

 

 

コントロール重視のしなりのあるソフトな打球感の

 

7枚合板に近い感じですが、しっかり芯がある

 

ラケットです。

 

一度神戸店で球つきをして比べてみてください。

 

 

 

次にこちらは「ブルーサンダー」です!

 

 

 

2001年に蒼い稲妻日本上陸!

 

というキャッチコピーで、このブルーサンダーが

 

発売されました!

 

 

ブルーサンダーは555(5枚合板)、777(7枚合板)

 

ともに上板はリンバ材です

 

 

アバロックスPシリーズとブルーサンダーの違いは

 

5枚合板同士ではコト材とリンバ材の違いで

 

差が出ますが、7枚合板は同じリンバ材で

 

しかも材質も上板からリンバ→スプルース→

 

アユースの順で同じなんですが、打球感も弾みも

 

違います。

 

 

明らかにPシリーズの方が重量感があって弾みます。

 

逆にブルーサンダーの方は打球感がソフトで安定性

 

はこちらですね。

 

 

見て明らかに違うな?と感じるところは板の硬さで

 

Pシリーズは赤みのかかった板で、ブルーサンダーは

 

黄色っぽい板なんですよね。

 

 

個人的な感想では、赤みのかかった方が硬くて弾み

 

ます。材質がその中でも違いがありますね。

 

 

こちらもご来店の際にその違いを比べてみてください!

 

 

重量やご注文はご確認ください!

 

シェークはこちら

 

中ペンはこちら

 

▲PAGE TOP

1 2 3 4 5 6 10